2008年05月12日

アメリカからの仕入先を開拓する方法です。

今回はアメリカLA仕入れのマル秘ワザです。

事前にかなり仕入れる商品をネット検索で絞り込みます。

これを徹底的にやります。

英語はサッパリですが、無料翻訳サイトを使いなんとかやってます。


英語という壁があるため、参入の壁が高い海外仕入れですが、
逆にチャンス多いので嬉しいです。


カンタンに私の作業内容を説明すると、
日本で高値で売れる商品を探し出して公式サイトなどを見つけ出します。


そして、見つけたら直メールをカスタマーセンターなどに送信します。


「アメリカまで行くんだけど、オタクの商品は何処で買えますか?」って。


我ながら、かなり強引です(苦笑)

今のところ、5打数1安打の打率で返信があります。


返信があれば、更に突っ込みます。


「泊まっているホテルまで送ってくんない?」

「大丈夫、お金はPALPALで払うよ」


もちろん直接、SHOPなどに出向いての仕入れもしますが、
時間がない外国人バイヤーの場合、この方法も非常に有効です。


だってアメリカってメチャ広いんだもん(爆)


とっいうか、もう既にホテル直送で送ってもらいました。


こんなのダメモトでいいじゃないですか?


アタックしないと何も始まらないし。


何も始まらない。


後は車を借りて、直節、本社や卸元を時間の限り回るだけです。

グーグルマップというのを使うと慣れない土地でも
効率よく回る事ができます。

●グーグルマップ
http://maps.google.co.jp/


ハードな旅になりますが、
上手くいけば直節、個人的に卸してもらうことも可能です。


アメリカ辺りですと日本で売れる商品はバンバンあります。

日本にまだ入ってきてない商品や
あまり卸してない商品などを見つければかなり美味しいです。

ネットの使えるホテルを取るという事も重要です。


そんな感じで新しい仕入先を開拓しましょう♪


冒険人生実践会 &

超実践型オークションスクール 山口塾

http://auctop.com/yyj.html


           山口“マッハ”裕一郎


 PS

もっと具体的な海外仕入れの方法は
山口塾のニュースレター&掲示板で大好評配信中です。
   ↓   ↓
http://auctop.com/yyj.html




物商 東京都公安委員会 第303280507600

『ヤフオク・モバオク達人養成講座』
『ネットショップ&ヤフオク 輸入ビジネスの達人養成講座』

著者 山口裕一郎

山口塾代表 
http://auctop.com/yyj.html


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14867087

この記事へのトラックバック