2007年11月02日

書籍転売方法「せどり」

絶版の本は、プレミア価格がつくことがかなり多いです。

数百円〜数千円のものが、数倍〜数十倍で取引されることも!

意外にも、本屋さんで簡単にみつかったりするのです。

1件のお店で数冊あったりもするのです!

このような転売方法を「せどり」といいます。


ただ、古くからの古本屋さんはそのようなものがないようです。

お店の方も、価値があることを知っているので
高い値段で売ってしまうからです。


チェーン店の古本屋は狙い目です。


バイトでもわかるようにマニュアル通りになので、絶版本が安く買えたりします。



このような高値は、需要と供給のバランスで付いたりするので
場合によっては10倍以上の値段が付くこともあるし、
定価程度で落札される事もあるのです。

海外でも探している方がいたりします。


ですが、絶版だからといって、
全て高額で取引されるわけではないので
注意が必要です。

特にチェーン店系はその傾向が強いようです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6413041

この記事へのトラックバック